レンタルサーバーもいろいろ

なんでも最近「レンタルサーバー」のビジネスが盛んなようでありますね。
そのレンタルサーバーでありますが、これは文字通りサーバーをレンタル、つまり貸すサービスでありまして、具体的には事業者が顧客に対してサーバーを貸して顧客はサーバーを借りていろんなホームページを開設したりなどして趣味だけではなくて、通販サイトの開設とかなど商売ができたりするのでありますね。
そんなレンタルのサーバーでありますが、聞いた話ではハード的には3種類ほどありまして、1つは共用サーバー、1つは専用サーバー、1つはvbsというサーバーがあるのだそうですね。
ちなみに性能はといいますと専用サーバーのほうが容量は大きいし、自分で全部管理はできる一方で専門的な扱いができない人にとっては難しい、そしてお値段も高いというハンデある一方で、共用サーバーは他人とサーバーを共用しているために、安くて専門的な知識がないシロウトでも扱いやすい一方でサーバーをまるまる管理できないというデメリットもあるらしいですね。
そんなわけで最近では両方のいいところをとっているvbsというサーバーが注目を集めているらしいですね。
このいいところは仮想サーバーを2つあるためにサーバーをダウンしなくても大規模なソフトの更新やサイトのリニューアルなどができたりするのがいいですね。