機能的な天カセエアコンを選ぶには

エアコンは現代の生活において欠かせない生活家電の一つに挙げられ、一年を通して使用頻度が高く、快適な生活を送る上でも必要な家電となっており、設置の時も迷うことが多いです。エアコンには壁掛型や床置型、天カセ型などいくつかのタイプがあります。天カセとは天井カセットのことを指し、天井カセット型エアコンの総称です。エアコンのフィルターや吹き出し口、吸い込み口などが同化しているのが特徴で天井に埋め込んであるタイプのものになります。多くのオフィスや店舗で導入されているので、一度は見たことがある方も多いかと思います。また個人の住宅ではルームエアコンとして壁掛型が多く見られましたが、天カセのエアコンも増えてきています。ここでは天カセのエアコンについて詳しく見ていきたいと思います。

天カセのエアコンについてよく知る

天カセのエアコンの大きな特徴として、天井と一体化するので、空間を広く見せることができます。室内のインテリアに重きを置いている店舗には最もお勧めできるタイプのエアコンと言えます。天カセのエアコンには吹き出し方向が4方向のものと2方向のものなどがあり、それぞれ異なる特徴があります。例えば業務用でよく見られる4方向のものですと、気流がお部屋全体に流れるので、風当たりの不快感が軽減されて温度のムラも少ない点が特徴です。ですので、広いオフィスなどに向いています。また、2方向のエアコンは長方形タイプのものが多く、細長い部屋や少人数で使う事務所、会議室または廊下に設置されていることが多いです。空間のデザインや構造、設置条件といった点を考慮し、用途に合ったエアコンを設置するといいでしょう。

空間に適したエアコンの選び方とは

天カセのエアコンを設置する際に重要な選び方として、基本的に用途と面積が関係してきます。例えば使用する場所を通常のオフィスと飲食店とで考えた時に、オフィスで使用しているOA機器から発せられる熱や従業員数を考慮しなければなりませんし、飲食店でしたら火を使うことが多いため、冷却機能を重視する場合もあります。このように用途と面積から適したエアコンを選ぶことで、より効率的に使うことができます。心地よい空間となるよう、上手に天カセのエアコンを活用できるかがポイントとなってきます。エアコンを選ぶときのチェックポイントを押さえ、様々な観点からあったエアコンとなるといいと思います。困ったときには相談に乗ってくれる業者もたくさんありますので専門家に相談してみるのも一つの方法です。