天カセエアコンとはどんなものか

天カセとは天井カセット型をしているエアコンの略称のことを指しています。本体の部位であるフィルター、吸い込み口と吹き出し口などが一体になっていて、天井に埋め込まれた形となる空調機のことです。特徴としては風が2方向、もしくは4方向に吹き出すために普通に壁にかかっている一般的なタイプのエアコンに比べると、室内の温度に寒暖のむらができにくくて均一になるという利点があります。このように天カセ型の場合には、室内全体に風を行き渡らせる効果が高いことからも、どちらかというと大きな広い空間での空調に使われることが多いタイプです。個人宅でも使われているでしょうが、私達の身近なところでは、飲食など商業用の店舗関連や、ビルや大きな建築物などにおいて、この天カセを利用して、一定の空調温度になるような利用方法が多いです。

天カセタイプのエアコンにも種類があるので部屋に最適な物を選ぶ

天カセタイプのエアコンというのは、昔から業務用では主流となっている設置のタイプです。身近にある物では、一般の店舗から事務所に至るまで、あらゆる場所に使用がされていることでしょう。そして天カセの形では、またいくつかの種類があります。吹き出し口が1つだけのタイプ、吹き出し口が2方向にあるタイプ、吹出し口が4方向にあるタイプというように、吹き出しの数によって種類が違いますし、それぞれが空調をしていく時に、お部屋をめぐる気流や風の種類にも違いが出てきます。天カセタイプのエアコンを選ぶ時には、このような吹き出しの数での効果の違いも考えて比較していき、お部屋に最適な種類であることが大切ですし、設置をする時にも業者のサポートなどを受けながら、もっとも空調が効果的になる天井での設置場を選んでいくことが大切です。

天カセ施工のエアコン設置は部屋全体がすっきりと見える

エアコンを天カセで設置をすることで、従来のようなエアコン本体の突起物が壁などに対しては無くなります。近年では各メーカーの開発によって本体そのものが薄型になったとは言え、一般的な壁掛けをするタイプや窓際や室内に配置するタイプでしたら、部屋を見渡してみると、見た目にもエアコン本体の存在や壁から突起している部分があるはずです。けれども天井の中に完全に本体が埋め込まれている、この天カセタイプで施工をすると、壁まわり周辺はフラットのままで、天井の部分もいつも上を見上げることが少ない日常生活においては気になる程の突起物ではなく、結果として部屋全体の空調機器に関しては、すっきりとして見える効果があります。天カセは、空調がまんべんなく行き渡る以外にも、部屋造りへの見た目のこだわりにとっても効果的な面があります。